インナーマスダンパーを実戦投入できるまで頑張って開発する日記です。
ひとまず、発想〜Ver.2までの記録。

インナーマスダンパーは難しい

インナーマスダンパーと一口に言ってもいろんな定義が考えられますが、このブログでは主に「左右のタイヤより内側、かつ、バンパー上ではないシャーシ本体上、またはボディ内に収まる形で実装されたマスダンパー」という意味で「インナーマスダンパー」という用語を使用しようと思います。

マスダンパーをボディ内に収めて隠す、というアイデアは、ミニ四駆の中でも実車系のフォルムを好む方は一度は考えたことがあると思います。しかし実際にやってみると、通常の垂直シャフト式(垂直に立てたボルト等にウェイトの穴を通して上下させる)や、提灯式(何らかの支持体から吊り下げる形で、そのシャフトとなるボルト等を通して、または支持構造ごと上下させる)と比べて、思ったような効果を得られず、その採用を諦めた、という方が多いのではないでしょうか。自分もそんな1人でした。

マスダンパーのウェイトの最適位置を探すうちに、インナーマスダンパーが再浮上

提灯式にしろ垂直シャフト式にしろ、マスダンパーは何らかの形でウェイトが着地の衝撃を打ち消すようにシャーシに下向きの力を伝え、代わりに上向きの力を受け取って跳ね上がります。

この時、下向きの力を伝えるのに、シャーシのどの位置にウェイトの重さがかかるのが一番よいのか、というテーマであれこれと実験をするうちに、「これはもしかしたら、インナーマスダンパーになるのでは?」という条件が浮かび上がってきました。その条件は

  • タイヤに近い場所、具体的にはタイヤのすぐ内側で力を伝える
  • 複数のウェイトを、互いに独立して動くようにする

というようなものです。タイヤのすぐ内側となると、ボディの中に入ってしまいます。ということは、これに忠実に実装したら、インナーマスダンパーになる・・・?

アバンテヒュンダイのボディ内部が広い!

いくら条件を満たせばインナーマスダンパーになるとは言っても、実際にはそれを収められるような容積の大きなボディはなかなかありません。ゆえに、仕組みとしては考えていたものの「うまく収まりそうなボディが見つかったらやってみるかー」という程度にアイデアは放置されていたのでした。

ところが、たまたまタミヤの公式レースの会場で気まぐれに買って積んであった韓国限定アバンテヒュンダイキットのボディを見たところ、内部が広い……!しかも、見事に実車系(というか実車ベース)です。これは……!

簡単構造なので、すぐに実装

気づいたその日のうちに、アイデアを実証実験し、その効果が間違いなくあると確信。ミニ四駆キャッチャーの切れ端とマルチテープを使い、実装。翌日にはコースで走らせてその効果を確認しました。

モーターカバーの上に装着。
安全側に倒すつもりで、ひとまず一番重いウェイトに……。
単純落下実験。
ウェイトがかなり重いとはいえ、ノーマルのタイヤでここまで跳ねないとは……

思った以上に跳ねない!これは……!

そのままコースへGo!

コースで走らせてみても、確かに効果があります。速度を抑え目にしておいたとはいえ、テーブルトップへの登り下り、スロープジャンプからの着地、レーンチェンジ、それぞれ全く問題なくクリアしています。一見マスダンパーを装備していない素組と大差なさそうな見た目にもかかわらず、しっかりマスダンパーを装備した動きになっており、周りで見ていたレーサーたちも興味深そうに窺っていました。

しかし、やってみて分かったのは、即席の実装方法——マルチテープで繋いだだけでは弱すぎる、ということ。わずか20周程度で、ウェイトを繋いでいたテープが切れかけてしまいました。

すぐに改良、Ver.2 へ……

そこで、ウェイトはミニ四駆キャッチャー片に直接固定、テープで接続する箇所は減らし、代わりにシャフトストッパーを利用してヒンジを作る、という案で改良。動きも良好で、これでいけそう!

ボディ内部はこんな感じ。
中央のヒンジとウェイトをつなぐ中間の関節となる部分はまだテープのまま……。
ここも何か軽く柔軟な素材に置き換えたいところ。
フロント側ウェイト
リア側ウェイト。ボディ内部と干渉するので、ちょっと斜めに取り付けている。

地味に装備もグレードアップしています。

装備の変更等でやや衝撃吸収性能は下がった……?
実走行でどのくらい変わるか、次のコース走行時に試してこようと思います。
著者

kihee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です